.

世間一般よりもささやかな胸しか持っていない女性にとっては、バストアップは大きな課題です。ただ、胸の大きさは遺伝に関係するところも多いので、一概に努力だけで胸が大きくなるとは限らないという問題点も持っています。 バストアップに欠かせないのは女性ホルモンです。 胸の大きさは胸に付着している脂肪の量に左右される部分が大きいのですが、その根幹となるのは乳腺組織です。乳腺組織が発達している女性はもともと胸が大きくなりやすく、反対に発達していない女性はなかなかバストアップできないことが多いと言えます。 そして乳腺組織を発達させるのには女性ホルモンが大きく関係しているのです。 多くの女性は、思春期に女性らしい体付きができてきます。この時、女性ホルモンの分泌が増えることで胸も大きくなってきます。ですが女性モルモンの分泌量が少ない場合、育つはずの胸は思ったほど育たないまま大人になってしまいます。 大人になってからでも女性ホルモンの分泌を増やすことでバストアップの可能性は残されているので、女性ホルモンに似た働きを持つイソフラボンなどを積極的に摂取してみましょう。