.

予期せず、急に起こってしまうのが事故です。仕事 辞めたい アフィリエイト

ここで何をどうやって対処した結果が要因となり、保険金の受け取りも相当大きく変わる時もあるので冷静な考え方と対応力が必要です。

予期せぬ状況に出会って平静さを失ってしまったら大切な対処を逃してしまいそれから己が大きな損を受ける時も考えられるので車の事故をした状況では適切に次に述べる対処を行います。

事故を起こしてしまったケースで第一にしなければいけないのが怪我をした人がいるかどうかの確認です。

事故後は動揺して呆然としてしまう状況があり短期間で行動を起こせないのが通常です。

その状況では、負傷者がいたならば危険が少ない地点へ運んで処置を施し周囲に助けを求めるようにして救助第一に努めることが大切です。

119番通報する時にははっきりと位置を知らせ、不確かな状況では近くの有名な建造物や交差点名を知らせて事故の現場の住所が分かるようにします。

その次に110番に連絡して車の事故が発生したことそして現状を知らせます。

救急車と警察が来るのを待つ内に事故相手のことを確認します。

名前、住んでいるところ、TEL番免許証番号、事故の相手の保険会社名などなどそれぞれの内容を言います。

その時事故の相手に不手際があった状況では、事故現場で解決しようとする場合が存在しますがその場で片付けるのではなくどのような状況でも警察署や保険屋さんに通報して調べてもらう事が必要です。

それぞれの情報を交換したら交通の妨げにならないために妨げになる物道の上から取り除きます。

仮に被害が誰かの邪魔となっている場合には情報を交換する前にこの作業を行っても問題はないはずです。

この後に自らがお金を払っている自動車保険会社に連絡して、自動車事故が起こった事を知らせます。

車の事故から特定時間内で保険屋さんに連絡を入れないと交通事故の保険の適用除外にされる場合もありますので時間が出来たら速やかに行うことが必要不可欠です。

可能であれば事故の跡として手持ちのカメラや携帯のカメラ等を使って状況や事故車の破損の写真を写します。

それは過失がどのくらいあるのか決めるかなり重要な証拠とできるので自分自身の車や先方の車の破損箇所をちゃんと写真に残しておきましょう。

この時に見た人がいたとしたら警察や保険屋さん着くまで事故の現場にいてもらうよう話しておくことも忘れてはいけません。